始まりはいつも雨4

始まりはいつも雨4
Pocket

マニラ~ダバオ



海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

ダバオへの出発を控えたマニラ空港でほっと一段落ついて一息入れてると何だか腹が減ってきた。

 

ji
ji
Gutom ko(はらへった)なんか食うべよ。
Ako po(ワタシモ)gutom kaayo(メチャハラヘタ)
Jee
Jee

食べ物を探すべく空港内を散策し始めた。あっちこっちに空港警備のあんちゃんたちが首からマシンガンをぶら下げてオラついている。これを見ると異国に来たんだなって実感してきた。

只今に時間はAM2:30で早い?遅い?からかお店はCloseがほとんど、そんな中で明かりがついてスタッフが準備しているkioskみたいな感じの店に数組のお客がいたのでその店に行ってみた。

ji
ji
あそこに行ってみっか?
ソダナ
Jee
Jee
ji
ji
あ!まだペソ持ってねーわ
イーヨ ワタシ オゴロヨ
Jee
Jee

そんな会話をしながらお店でいろいろ選んでいると、他の客がレジまで行っては何も買わずに帰るの繰り返しをしてる…なんかおかしいな?ひょっとしてまだ準備中じゃねーの?他の客と同じようにレジまで行って聞いて見ると案の定の答えが返ってきた。

マジかよお前らさっきから何もしねーで喋くりまくってんだろが、『少しは空気読んで仕事しろや』と感じたが...そう空気を読むということをこの国では必要がないとあとあと気付くのであった

ji
ji
何時OPENなの?

3:00カラヨ
スタッフ
スタッフ
...あと5分じゃねーか。マジでなめってねーど。
ji
ji

お店がオープンしチョット腹ごしらえで買ったのが『ショーパオ』

肉まん的なヤツだよ

普通の肉まんのようなものと、ミートボールのような物が入ったものを買った。ソースが付いてきてそれをかけて食べるのだがまずは何もつけずに食べる。日本の肉まんに比べると周りの白いところも中身も少し甘い感じ、ソースの見た目は塩っ辛そうだがさらに甘くなった...甘いものは嫌いではないがこの甘さはイメージとのギャップがあったぶん違和感が先行しあまり食が進まなかった。こんな味だからとわかっていれば次は違う時間帯に食べたいものだ。まずくはないよ。

おなかも満足しのんびりしているといよいよフライトの時間になった。

 

いよいよだなあと後に時間ほどでダバオに付く...あいつらに会える...

 

サプライズ帰省

 

今回の帰省はjeeと二人で相談しサプライズで俺が一緒に帰ることは内緒で帰ることとしていた。そういうことは大好きでチケットを取ってから口が滑りそうになりつつ秘密を守り通した。

ダバオの住んでいるjeeの家族構成は、ママ、妹(未婚の母)とその娘が1人、姉の子供(すべて旦那違いで)長女、長男、次女 ※当の姉はセブで今の旦那(5人目)と子供1人と仲良く暮らしているのをFacebookでよく見かける。以上総勢6人が一つ屋根の下で暮らしている...が! 実家では教会を併設しており近所の5歳位~19歳位Youth達と神父さんとその取り巻き達がひっきりなしに家いて、歌ったり、ギター弾いたり、ドラム叩いたりしているため、さながら集会場みたいな感じなっている。そんな状況を義理の妹=Ekingが親分肌で取りまとめている。

Eking(義妹)とはよくデスりあっている中でよくメールも来る。とても明るくてジョークもうまい、でもjeeから聞いた話ではケンカっぱやく。とても強いし殴り合いのケンカで前歯はなく義歯らしい。なのでマジで切れると半端ないことはみんな知ってるので言うことは聞くらしい。

そんな義妹も『俺が言うのもなんだけど』化粧をするとめちゃくちゃ可愛くなる。何年か前に日本で半年くらい居た時は、とある町の某パブで働いていて、そりゃ大層な人数の義理彼がいて相当数をだまくらかしたらしい...『きおつけよう ふぃりぴんぱぶの おねいさん』

いよいよダバオ空港に到着‼ 家を出てから紆余曲折で約29時間経過...今思えば羽田で少しでも寝てて良かったわ

ダバオ着いた

 

ji
ji
やっと着いたよ。
ヤト ツイタナ
Jee
Jee
ji
ji
いよいよだな

飛行機を降りて出口を目指す。チケットが見当たらないけど大丈夫だよなと心配しつつ荷物を受け取りカートに乗せjeeと最後の打ち合わせ。

ji
ji
おれかくれてるから、先に行って。
sige sige(OK ワカタ)
Jee
Jee

出口はこじんまりとした所が1か所のみ、先に出たJeeを見送ってすぐに出ないでいるとセキュリティーに奇異な目で見られている。そろそろヤバいかな出よう。

外に出ると少し離れた場所で妹と再会したJeeがこちらを指さしている。なんだ、バラしちゃったのか?Ekingが駆け寄ってくる。俺を空港スタッフだとも思ったらしく目も合わせず俺からカートを奪い取り離れようとしたので声を掛けた。

ji
ji
Hoi Eking!
Unsa? …!? ..‼‼‼
Eking
Eking

キャーッと大声お出し俺の周りをぐるぐる回り出した。そこに姪っ子(姉の長女)も加わり何か叫びながら俺の周りを駆け回っている。とてもリアクションに困る対応だ……

こんな気持ち…

ひとまずTAXIを手配し空港を出ることに空港を出るゲートで何かチケットが渡された。

ji
ji
Unsa ni(何これ)

ダバオではTAXIのぼったくりとかマナーの悪いドライバーを撲滅するため、トラブル等があったらこの紙に記入して訴えるらしい。そうすればTAXI会社が営業停止処分になるとのこと。日本のマナー悪い運転手も個人じゃなく会社処分にした方がマナー悪いのいなくなりそうだな。

初めてのダバオTAXI移動中に軽いカルチャーショックを受けつつニヤニヤしながら家に着いた。

 

玄関先にいたママに手を振ったら、ママがショックで?玄関で悲鳴と共に腰を抜かした。そうだ、サプライズだったわ……

 

これから短い間だがダバオでの生活が始まる。

 

そして……やっぱり雨だった

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!